吃音症が遺伝する確立

こんにちは、ユウコです。息子が吃音症であるというのは、前回の記事でもお話しましたが、今回は吃音になる原因や遺伝について話そうと思います。吃音の原因に関しては、様々な説があり、はっきりしない部分があります。遺伝やストレスが吃音の原因ともされていますし、脳や神経の問題だといわれることもあります。あるいは、精神的なものや性格的なものもあるかもしれません。そうしたものは、個人差がありますからね。アメリカでは吃音の研究が結構進んでいるようです。こういう分野では、アメリカが頼りになりますね。ちなみに、吃音症は英語で、stammering symptomというそうです。これは初めて聞きました。吃音の原因遺伝子が特定されたという話もありますから、これから吃音のメカニズムも解明されていくと思います。期待しちゃいますね。息子の吃音も自然に治ってくれればいいのですが。ある記事によると、吃音が遺伝する確立は、約50パーセントだと書いてありました。だいたい半々くらいの確立ですね。これは吃音が遺伝する確立が高いとみてもよいと思います。ただし、うちの場合は私も夫も吃音症ではないのです。息子からみて祖父母にも吃音の症状を持つ人はいません。遠い親戚や祖父母よりも前の代は分かりません。親族に吃音症の人がいなくても、吃音になることはありえそうです。結局のところ、息子の吃音の原因は分からないのです。どもり症とは、気長に付き合っていくしかなさそうです。